ナノテクト®

世界初のカーボンナノチューブと樹脂塗料の複合被膜

ナノテクト®

こちらに掲載している製品は一例です。それぞれお客様から図面・仕様書を頂戴し、 お客様のニーズに合わせた製品を、最新鋭設備で製造しています。

カーボンナノチューブの複合の高強度・高靱性被膜ナノテクト®

ナノテクト®の特徴

ナノテクト®は2008年に京都大学の稲垣名誉教授、福田名誉教授と㈱GSIクレオスとの共同開発により世界初の塗料とカーボンナノチューブ(CNT)の高濃度均一分散に成功しました。
その被膜は耐摩耗性・衝撃耐久性・高延性・高硬度・高い防錆力を併せ持つ夢の被膜です。
ナノテクト®はねじ分野だけにとどまらず、医療や海洋探査、航空機分野への活躍も期待されており、トライアルを積極的に行っています。

ナノテクト®の特徴01
ナノテクト®の特徴02
ねじアイコン高度な耐摩耗性 優れた耐摩耗性を示し、素材の耐久性向上を図る。 ナノテクト®の特徴03
ねじアイコン衝撃耐久性 他のあらゆる樹脂被膜と比較して高度な衝撃耐久性を維持する。
ねじアイコン折り曲げ特性 被膜硬度が高いが、延性を有していることから抜群の折り曲げ延性を示す。
ねじアイコン被膜硬度 他の高分子材料では成しえなかった高い被膜硬度を有する。
ねじアイコン潤滑特性 フッ素樹脂と同様、高度な潤滑特性を示す。
ねじアイコン防食性能 CNTの誘電性を当社独自の表面グラフト技術で遮断し、高度な絶縁・防食性を有するCNT複合樹脂塗膜を実現。

世界初・夢の新素材「カーボンナノチューブ」を用いた表面処理

世界初・夢の新素材「カーボンナノチューブ」を用いた表面処理01

カップスタックカーボンナノチューブイメージ図(㈱GSIクレオス提供)

世界初・夢の新素材「カーボンナノチューブ」を用いた表面処理02
ねじアイコンカーボンナノチューブの世界初の均一分散

カーボンナノチューブは鋼鉄の数倍の引張強さを持ち、導電性が高いという特徴を持つ、次世代の炭素素材です。
そのカーボンナノチューブですが、樹脂に混ざることはなく、導電性が腐食の原因となることから防食目的の塗料には適さないものでした。
しかし、タケナカ独自のグラフト化と呼ばれる技術により、導電性を遮断させ、高濃度かつ均一に分散させることに成功しました。
その結果、カーボンナノチューブが持つ強度とタケナカが持つ防食技術が融合した表面処理”ナノテクト®”が完成しました。

弊社の研究が認められ、下記の功績を得ています。
・第4回ものづくり日本大賞 優秀賞
・経済産業省の新市場創造型標準化制度にてJIS Z 8921 制定
また、平成22年度戦略的基盤技術高度化支援事業にも選ばれています

カーボンナノチューブの世界初の均一分散01

カーボンナノチューブの溶媒に対する分散効果

カーボンナノチューブの世界初の均一分散02

樹脂中のカーボンナノチューブの分散状態の比較

カーボンナノチューブの世界初の均一分散03

グラフト化したCNT(ナノテクト)

カーボンナノチューブの世界初の均一分散04

グラフト化されていないカーボンナノチューブ